なぜ「色」を使うの?

さまざまな知育法がある中で、なぜ私たちは「色」を使うのか?!


それは…

色は私たちの一番身近にあって、沢山の選択肢があるからです。

絶対的な決まりがなく、それぞれの感性で選ぶことができるので個性を表現できます。

また正解や不正解がないので、他者の考えを認めお互いを尊重する力にも繋がります。


例えば… 「空の色」は何色ですか?

青色?

同じ青でもそれぞれ思い浮かべる色は少しずつ違いますよね。


オレンジ色! 黒色! ねずみ色! なんて答えをいう子もいます。

・・・ 夕焼けの空  夜の空  くもりの空 ・・・

みんなそれぞれ思い浮かべる空があって どれも間違いではありません。

このように、「色」には正解や不正解がないのです。

自由に使うことができて無限に作り出すことができます。


私たちの生活には色が溢れています。

日常にある色を意識することで視野が広がり、観察力も高まります。